出会い系サイトの浮気増加の原因

「私のこれまでの経験から言えば、浮気調査を実施した場合、ほぼ100%がクロでした」

そんなショッキングな証言を松浦宏治日本リサーチサービス社長はいとも平然とした口調で語る。
ただし、前提条件付きだ。
「調査を引き受ける前に依頼者から十分に話を危機、その場合はすぐに分かります。
そうした場合は、依頼者に話をして、料金もさほどかあkらない素行と遊佐に切り替えます」

今、浮気調査を依頼が増えている。
探偵社によってじゃっかん差はあるが、依頼が減っているという業者はないという。
「作数は変わらない」という探偵社でも、不況で他の仕事が減少傾向にあるなか、「仕事の7,8割が浮気調査」というのだから、浮気調査が探偵業者の稼ぎ頭であることは、間違いない。

浮気調査の依頼が増えたからといって、「浮気人口」が増えていることの証明にはならない。
浮気を実際にしている人の数は変わらないが、単に配偶者や恋人の浮気を疑う人が増えているかもしれないからだ。

しかし、20年以上の経験を持つ有名探偵社の社長は「浮気の実数は確実に増えている。特に最近の傾向からいえば、インターネットや携帯電話の出会い系サイトが、背景にあるのは間違いない」と断言する。

冒頭の松浦社長もこう語る。
「今の浮気は形態で始まり、携帯で発覚する。発着信履歴、メール、電話会社から送られてくる通信明細書からバレる。旦那さんの中には『うちのは機械オンチで携帯操作はわからない』という人もいるが、実際は、主婦仲間から教えてもらったりして知っている人も多いですよ」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です