ドライヤーでやけどしちゃった人へ

低温ドライヤーの問題点低温ドライヤーにありがちなのは、いつものドライヤーより熱が低いので生乾きになったり、乾きづらい分、必然的に長時間あててしまうか、頭に近づけて活用しがちになる為、息子にやけどを起こしてしまう事です。

乾かしている間、頭皮にはかなりの負担がかかります。

ドライヤーをアダルトがする時と同じ感覚で行うと我が子にとって大変なリスキーを及ぼしている確率があります。

小さなやけどなのでアダルトが大した事ではないと思っても、皮膚が炎症を起こし、時が経つにつれて、大変な事にもなりやすいです。

ショック症状によって、呼吸困難や心拍の低下を引き起こすリスキーもあるのです。

特に市販の低温ドライヤーにはただ低温に抑えてあるだけのものもありますので、この様なドライヤーに変更してもあまり趣旨がないと言えます。

温度が低ければやけどの危ういも低くはなるように考えます。

その上、特に小さな娘ははしゃいだりするので、ドライヤーを掛けている最中に動いたりして、顔に熱風がかかり、ショック症状を起こしたという事もあるみたいです。

小さな娘の皮膚は熱を受けると直ちににやけどして皮膚の細胞が壊れてしまいます。

ご存じとは考えますが、髪を乾かさないまま放っておくと、細菌の繁殖で頭皮に影響を与えてしまったり、皮膚を冷やす事で、免疫の弱い我が子にとっては風邪等で健康状態が悪くなる懸念があります。

このように髪を乾かす事は大事ですが、ドライヤー選択しも同じくらい大事です。

●小さな我が子はやけどに配慮ドライヤーはいつも100度の高温の熱を放出して髪を瞬く間に乾かします。

特に息子の皮膚はデリケートであり、アダルトに比べると皮膚が薄い為、アダルトと同じ感覚で同じ時あてると、想像以上に息子の皮膚や肌に負担がかかり、やけどを起こしやすくなります。

けれども、その低温ドライヤーにも問題点があります。

普段的に使用する分、細心の配慮を払って使用する必須があります。

小さいお子様をお風呂に入れた後、ご両親がお子様の髪をドライヤーで乾かしていると考えます。

今の時代では60度という普通のドライヤーよりも温度が低い低温ドライヤーも出ており、活用されている方もいらっしゃると考えます。

ドライヤーで火傷しちゃったらどうするポータル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です